Hemakovichの半永久的平坦な戦場

パニック不全神経症者が落ちてゆくカムフラージュ

スポンサーサイト

Posted by Hemakovich category of スポンサー広告 on

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

もし俺が朝日新聞なら池上彰ごとき電波芸者に言われたくない

Posted by Hemakovich category of Politics on


20140718-32hema.jpg



 以前にもブログに書いたが、従軍慰安婦に関する吉田清治氏の証言は、慰安婦問題がクローズアップされてきた1990年代の時点で、すでに虚偽ではないかと指摘していた人たちがいる。

 旧日本軍を告発する側の人たちからでさえ、氏の証言を疑問視する見方はあって、日本側の研究者だけでなく、韓国で元慰安婦の女性たちを救援しようとするグループの著書の中にも、吉田氏への懐疑の言葉が90年代からすでに記述されていたりもする。

 むしろ、慰安婦問題に触れ始めたごく初期の時点で、吉田証言を傍証として軍の関与を告発した書物は案外少なく、僕が読んだ幾つかの関連本のなかで彼の言葉を紹介したものは一冊しかなかった。

 つまり何が言いたいかというと、吉田証言なるものは当初から慰安婦問題を告発する側からしてみればほとんど無視してきた瑣末なものであり、日本軍の関与を立証する者にとって「なくてもよいもの」、むしろ迷惑なものとして扱われてきた代物なのである。
 だから現在に至って吉田証言が虚偽だったという者が現れても、本当なら「なにをいまさら」という程度で話題にすらならない。
 
 それなのに極悪ゴシップ誌などがまるで「歴史が塗り替えられた」かのように意図的に扱って朝日や韓国を貶めるプロパガンダの材料として大いに利用している。

 今回の騒動は、その程度の次元なのである。だから日本国内以外、どこの国もまともに相手にしていない。


 それはともかく、朝日新聞が吉田清治氏の証言を過去に掲載したことについて、それは現在において謝罪する責務のある類の問題なのだろうか。

 下品なゴシップ週刊誌が朝日の謝罪をけたたましく喧伝しているのは除外するとして、池上彰が朝日に謝罪を求めるエッセイを書いたことについては、僕は違和感を持っている。

 素人考えではあるが、完全に裏が取れている情報のみをメディアが報道しているとはいえないことは、普通の常識を知るものなら誰でも知っていることだ。
 たとえば冤罪事件の報道などはその典型といえるが、ほとんどのメディアは官憲側からの発表をまず最初に信用する姿勢で事件を報道し、犯罪の度合いによっては官憲以上に冤罪を強化するような形で被疑者に社会的制裁を加えたりもする。
 後の公判によって被疑者の無罪が確証されたとき、メディアはそれを美談のように過剰なくらい元被疑者を持ち上げたりするものだが、自分たちが過去に官憲側に持たれかかって無実のものを有罪に煽り立てるような報道をしたことをいちいち生真面目に謝罪するような、そんな奇特な新聞や雑誌はどれほど存在するのか。

 例を変えてみる。

 小保方晴子一派がSTAP細胞の件を発表したとき、ほぼすべてのメディアはその「功績」を疑ってかからず無批判に賞賛した。
 後になって論文不正などが明るみにでて疑惑が生じてからは一転して手のひら返しにメディアは小保方一派を批判したわけだが、すぐに明るみになる程度の疑惑に関してまったく裏を取らずに、小保方氏をミーハー的に持ち上げた軽佻さについてメディアは反省を述べただろうか。僕が知る限り、お詫びらしき文言を示したのは共同通信だけであった。


 もしも朝日新聞がこれまで慰安婦問題について触れたとき、繰り返し繰り返し吉田証言を傍証として引用し続けたのであったならば、虚偽と認めながら長期間に渡って読者を欺き続けたのだから、謝罪する責務に説得性もあるだろう。だが事実はそうではない。

 他の新聞や雑誌ですら無視して通り過ぎるような倫理観を朝日にだけ強要しようとするのは、単純に朝日に対して敵意を持った他社の下卑た品性しか伝わってこない。
 おたくらはそんなに、いつもいつも高潔で清廉な姿の新聞であり雑誌なのか? 

 朝日が吉田氏と結託して、嘘であることを事実としてニュースを作り出したならば、それこそ言い逃れできない罪を有しているといえるだろうが、朝日がやったことは彼の話をある一時期取り上げたことに過ぎない。

 そのレベルの瑕疵をもって、朝日に対して「みんなに謝れ」といえるほど、池上彰は偉いのか。

 
 世間はかなりこの人を高く評価しているみたいだが、僕は池上彰が正しくきちんとしたことを言っていると思ったことはただの一度もない。

 書名は失念したが、彼が第二次大戦以降の現代史について「分かりやすく」説明した本を初めて読んだときの驚愕を、今でもはっきりと覚えている。

 ベトナム戦争が終結したとき、陥落した南ベトナムのサイゴンに入城した南ベトナム解放民族戦線(ベトコン)は北ベトナム軍であった、南ベトナム国民によって編成された軍隊ではなく、越境した北ベトナム軍こそがベトコンの正体だった、だからみんなは驚いた、そんなたぐいのことを池上は書いていたのだが、そのあからさまなミスリードの著述ぶりに僕は一番驚いた。

 たしかに評判どおりに「分かりやすい」文章だったのだが、読者が事実を誤解して理解してしまう「分かりやすい」誘導ぶりに反共的プロパガンダの作為が「分かりやすく」見て取れて、「池上は信用ならない」と僕は分かりやすく理解させられた。

 TVは見てるとバカになるから全然見ないが、一度だけ「世界一受けたい授業」なる番組で、池上彰がやはり驚愕すべき珍妙な発言をしていたのを目撃したことがある。

 数年前、国内で「格差」という言葉が頻繁に言われ始めたころで、池上は「日本は格差が広がっているのか」という題目を扱っていた。

 その当時から誰でも認識していたことではあるが、格差問題というのは税制の逆累進化や非正規労働人口の増大によって、中間層が没落して貧困化していくなかでの、富裕層に対する意味としての所得格差の問題を意味している。こんなこと、いまさらあらためて説明するほどのことでもない。

 だが番組の中で池上は、この重要な社会問題を「核家族の問題」にすりかえて矮小化し説明するという悪徳ペテン行為を働いた。

実は以前のバブルの時代、日本社会の経済格差は現在のそれより大きく開いていました。
例えば、とある7人家族。三人の収入の合計が1600万円だとする。3世帯が同居するような形態の家族は昔はよく見かけました。しかし現在は、少なくなっています。
家族構成を現代風にしてみますと、息子夫婦はほかの家で暮らし、孫夫婦もまた独立して別の家族を作っています。
このときの3つの家族のそれぞれの年収は、同居していた時代よりもちろん少なくなっています。
時代の流れでできたこの核家族化の状況によって世帯あたりの年収が下がる=格差が広がったという風に認識される。ということになります。


 もう一度「格差」について説明しろと言われたら、池上は上記のような話をもう一度するだろうか? 

 できないだろう。より問題が顕在化して深刻になった現在、こんな調子で話をすりかえたら、どんなにTVを見すぎるバカでも、困ってる人間なら誰もが「バカにしやがって」と怒り出すはずだ。
 そんでもって、おまえはスポンサーに迎合して本当のことをボカすだけの論者だから需要があるんだもんな、お前の存在意義は実のところそれだけだ。

 
 念のために言っておくが、僕は朝日新聞にまったく瑕疵がないと擁護しているのではない。先日の論壇時評には頭に来ている。

 だが、ずいぶん前のわずかな期間、裏が取れなかったことを報道したことを、まるで万死に値するかのように他社メディアが攻撃するのなら、名誉毀損でたびたび敗訴しているようなゴシップ誌などは、日本から消えうせなければならないほどであって、「おまえらに朝日を裁くような品性や倫理が備わっているのか」ということである。

 同様に朝日に謝罪を求めた、世間受けのよいらしいとにかく「分かりやすい」池上彰ですら、上記に記したようなミスリードで世間を欺いた前科の持ち主なのである。
 僕からしてみれば、これほど視聴者をバカ扱いして愚弄した点においては、むしろ朝日の瑕疵以上に罪深く思う。
 こんなものはジャーナリズムではない。

 池上彰よ、「五十歩百歩」っていう慣用句を、今度「分かりやすく」説明してくれ。


 最後にもう一度念押しして、言っておく。

 従軍慰安婦に何の強制も抑圧もなかった、彼女たちは「自由な売春婦」だったんじゃないか、などと思うのなら、じゃあなぜインドネシアやビルマ(ミャンマー)や沖縄のような激戦が行われた戦場の前線近くにまで彼女たちが売春行為のために移動したのか、その疑問についてシンプルに想像力を働かせてほしい。

 命を失う危険性まで犯して激戦の戦場真っ只中に仕事しに行くような売春婦は存在しない。でもなぜ従軍慰安婦はそんな場所にまで行ったのかというと、彼女らの意思に関係なく「強制的に連れて行かされた」からである。
 彼女らへの強制に日本軍が関与したからこそ、戦場での売春行為という異常事態が可能になったのである。

 これが「強制連行」でなくて、いったいなんなのか。

 こんな強制行為に狭義も広義もない。これは完全な「強制連行」であり、「監禁行為」である。

 いまだに慰安婦は強制ではなかったなどという主張が平気でまかり通るのは国内だけである。

 
 吉田証言の虚偽を認めた朝日新聞は、同じ記事スペースで「だからといって慰安婦に軍の関与が強制がなかったとはいえない」という趣旨の発言を付け加えている。

 池上彰よ、おまえはなぜその部分に触れずに安易に謝罪などと言えるのか?

 「ななめ読み」には慰安婦の強制性の有無に対するおまえの見解はまったく書かれてなかったぞ。軍の関与そのものへの総括に言及しない者なんぞに反省を相手に促す資格などあるのか?

 「分かりやすい」しか取り柄がない、ヘタレで腰抜けで付和雷同のコメンテーターは、ジャーナリストではない、

 「電波芸者」っていうんだ。

 わかったか。


<関連リンク>
国連自由権規約委員会における対日審査最終所見(本年7月25日)の「慰安婦」関連部分の日本語訳





PAGE TOP

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。