Hemakovichの半永久的平坦な戦場

パニック不全神経症者が落ちてゆくカムフラージュ

スポンサーサイト

Posted by Hemakovich category of スポンサー広告 on

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

拭い去ることの出来ない虚無感の心的光景

Posted by Hemakovich category of Diary on


201409304-7hema.jpg



 GW期間中はどこにも行く予定はなかった。しかし、4月の末からすこぶる調子が悪かった。

 久々に一日中寝込む日々が数日続き、鬱の重さ加減は2月前半の冬季うつと同じくらいの重さに感じられた。まったく食欲が湧かず、起きていると頭痛がした。

 原因はInterPalsで、三年に一回出会うか出会わないかというぐらいの変態女に遭遇してしまったことにある。少し前のハメ撮り偽装オナニー写真を送ってきた女もかなりのものだったが、今回の変態女はメンヘラ的に気持ちの悪い女だった。

 思い出すのも嫌なので敢えて記録しないが、そのメンヘラ的変態度はずっと昔に会った生活保護不正受給の多重人格偽装女に匹敵するほどだった。
 なぜ、こういう珍獣のような際立ったパーソナリティの人間ばかりを招き寄せるのか、僕ってなんでいったいどうしてこうなのか。

 とにかく、鬱はどうやっても慣れることはない。その苦しさはいつも鮮度が高い。頓服薬なんか飲んでもどうなるものでもない。
 鬱になったら寝るしかない。5日くらいは寝込む覚悟で、通過するのを待つしかない。


 
 5月5日が過ぎたが、今年の5月5日は特別な日になるはずであった。なぜならこのブログを開設してちょうど10周年になるからである。

 「なるはずであった」というのは、実際に5月5日を迎えてみても、何の感慨も起こらなかったからである。鬱に七転八倒しながら、ブログどころか、文字をタイピングするのさえ苦痛であった。

 いろいろなブランクを挟みながらも10年書き続けたということに、大した意味は見出せない。むしろ10年経ってweb環境は想像もしなかった速さで激変したが、僕自身は想像もしなかった驚きとともに何も変わっていないということの方が大きい。

 10周年を機会に、というわけでもないが、ブログの更新回数を減らすことを考えている。

 一ヶ月に10投稿を目標にやってきてはいたが、最近書くことがなくて困っている。政治経済時事問題にタッチしないようになったので、なおさらネタ不足に陥っている。自分の個人的なことを随想みたいに書くのは得意でもないし、あまり好きでもない。

 日記に添えているフォトコラージュの製作も、だんだんと活動が鈍ってきた。

 遊びのようにやっていたことが、芸術になってくると、だんだん面白くなくなってくる。より良いものを、と考え出すと、それは仕事みたいになってきて、発想も大胆さも膠着してしまう。
 ちょっとこの辺で、少し休ませてみたいと思う。ストックは十分に揃っていることだし。



 『ザ・ハングマン 燃える事件簿』を1話から3話まで見る。ハングマンを知らない人は、説明するのも面倒なので、ウィキペディアで調べてもらいたい。

 第1話はゴッドと呼ばれるリーダーによって偽装殺人・自殺して戸籍を消したメンバーたちがハングマンになる過程を描いた回。

 あべ静江演じるベニーについてゴッドが説明するナレーションがあって、「長所、優れた学識と大胆な行動力。短所、拭い去ることの出来ない虚無感」と読み上げられるのだが、この「拭い去ることの出来ない虚無感」というのを聞いて、鬱病真っ最中の僕は「おいおい、おれのことやん」という思いに駆られる。

 「拭い去ることの出来ない虚無感」。

 自分の気分変調症がいつを契機に始まったのか、それを考え始めると、直接的には大学時代にきっかけをみいだせるのだが、萌芽のようなものは幼年期にその根拠を見つけ出せる思いがする。

 子供の頃、宿痾と呼ぶべきほどひどかった喘息の発作に死ぬほど悩まされた。発作が起こると当然学校は休まざるをえないのだが、共働きだったので、教師だった母が年休をもらって夕方に帰ってくるまで、一人で孤独なマンションの中、ずっと待っていなければならなかった。

 夕方の時間になると、窓の近くに横たわって母を待った。車の音がすれば苦しい身体を起こして窓から駐車場を見下ろすのだが、それが母の車でなければひどく落胆させられた。
 車の音がするたびに身体を起こして、またしても母の車でないことを確認させられ、一人で泣いていた、あのときの苦しさ。あれは大人になって、喘息がほぼなくなった現在においても、つらい思い出として感覚がはっきりよみがえる。
 
 待ちわびることの苦しみ、その分離不安は大人になってから対象が恋愛関係の女性に移行する形で再燃した。待つことは今でも苦手で、待っている間に、僕の思考はどんどん自滅する方向へ勝手に走り出す。

 だから気分変調症の世界像を覆い尽くす僕にとっての「拭い去ることの出来ない虚無感」というのは、幼児期に形成されてしまったものだと考えている。
 だからといって、いまさらそれを覆すことなど出来はしない。そんなことはありえない。

 
 『ハングマン』は第一シリーズのエンディングのみ、昼間、ちょうど午後3時くらいだろうか、夕刻と昼間のちょうど間の東京の光景が映される。
 第二、三シリーズは夜景なのだが、僕にとってのハングマンはこの夕刻と昼間のちょうど狭間の光景が最も適したイメージなのだ。

 雨が流れ落ちる窓が映され、やがて雨がやむと、都心の高層ビルが窓越しに見えてくる。それをゆっくりとズームアウトさせながら都心全体の景色が広がってゆき、その間にエンディング・テーマの『あれから』が流れる。

 僕はこの終わりのシーンを見るたびごとに、自分の原体験の心的光景を象徴的に見る思いがする。母の帰りを待ちわび続けた幼児期や、恋人だった女性たちに突きつけた分離不安の景色を、この映像がカリカチュアのように物語っているように映るのだ。

 夕刻と昼間のちょうど狭間、ビルがひしめき合う都市の光景。僕はこのなかに、意味もなく戦慄を覚えたり、パニック寸前のときの予兆の不安に似たものを感じたり、どうしようもなく胸を掻き毟られるような切なさに意識を持っていかれる気分になるのだ。

 『あれから』の歌詞の中に、こんな一節がある

 「あの人のことだから今も 気楽な暮らしだろうか。男たちの胸を焦がして 笑っているだろうか」

 この部分を聞くたびに、忘れていた思い出の疲れがどっと背中に刺さってくるような思いになる。

 終わりも逃げ場もない分離不安の宿命に怯えながら、人生を永久に彩る「拭い去ることの出来ない虚無感」を、僕はこのフレーズの中にいつもハッと思い出させられるのだ。





スポンサーサイト

PAGE TOP

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。