Hemakovichの半永久的平坦な戦場

パニック不全神経症者が落ちてゆくカムフラージュ

スポンサーサイト

Posted by Hemakovich category of スポンサー広告 on

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Zero hour of survivors

Posted by Hemakovich category of Poetry on   0 comments   0 trackback




blume1.jpg






The neo-conservative fascists will entreat you.
"Please die with us"

The words that you muttered at somebody will never return.
The download music that is not saved corners you who are not saved more and more.



ネオコンファシストは君に懇願するだろう。
「私と一緒に死んでください」

誰かに呟いた言葉は 二度と帰ってこないだろう。
救われないダウンロード音楽が救われなさでますます君を追い詰める。



We are afraid of the world causing collapse slowly,
 and we despair of our apathy remaining slowly.

People are forced a meaningless laughter on while being irritated.
Who attempts to kill itself from a roar of laughter screen of the manic state this time?

The survival war of such us.



ゆっくり破局していく世界を恐れ、
だらだらと終わらないアパシーに絶望する。

人々は苛苛しながら無意味によく笑う。
躁状態の爆笑画面から今度は誰が身投げする?


そんな僕らの生存戦。







blume3.jpg






You have 1,000 knives.
Days to resemble closely count up your crime.
As if your crime totally kills me.
As if your crime totally kills you.


君は千のナイフを持っている。
似通った日々が君の罪を数え上げる。
君の罪が僕を殺して。
君の罪が君を殺して。 




I wait all the time,
 sometime you will be neither my enemy nor a friend,
 sometime I and you must become a vain accomplice against the world.

You are only a skinny sad girl.
I am only an apparition of idiocy brainwashed by you.


僕は待っている。

君が敵でも味方でもなくなったときを。
僕と君が世界を相手に儚い共犯者になるときを。

君は悲しいやせっぽちの女の子。
僕は君に染まった頭のユルい白痴の子。




That's all.

Now, I get.


それだけだ。

いま、わかった。







blume2.jpg









music : Senmerli - The End in Light



スポンサーサイト

Mom has gone to hunt for a guy

Posted by Hemakovich category of Poetry on   0 comments   0 trackback




lorakind1.jpg




A certain theft case appeared in the corner of a local article of the newspaper.

Mother of 40 generations and two sons of 20 generations were arrested.
Mother came in the house of somebody for money, and sons were the watch positions of the theft, and they repeated a sneak thief of several for a long time.

One of the sons was an pupil of my mother who worked as a teacher.



新聞の片隅にある窃盗事件のローカルな記事が載った。

40代の母と20代の二人の息子が逮捕された。
母親が金目当てに誰かの住居に進入し息子達が見張り役で、長い間何件ものコソ泥を繰り返したという。

息子の一人は教師をやっていた母のかつての教え子だった。



On one day more than 15 years ago, mother picked up two kittens in the school grounds.
The kittens would be kept in my home, but a name wasn't readily decided.
Mother asked him who was a student. "What kind of name is good?"
"Daisuke and Nana are good"
It was a name of his own and a name of his younger sister.



15年以上前のある日、母は校庭で子猫を二匹拾った。
我が家で育てることになったが、名前がなかなか決まらない。
母は生徒であった彼に尋ねた。どういう名前がいいか。
「DaisukeとNanaにすればいいよ」
それは彼の自分の名前と妹の名前だった。



He was a boy gentle at heart, but it was often that he was absent from a school.
When absence continued, mother visited his house well, but his mother was often away from home.
"Where has your mother gone to?"
"Mom has gone to hunt for a guy"
The boy of the caretaker answered so. He was still 6 years old then.
He hasn't watched father. His family was the poor family who lived in the discriminatory ghetto.


彼は心優しい少年だったが、学校を休むことが多かった。
欠席が続くと母はよく彼の家を訪ねたが、少年の母親はしばしば不在だった。
「お母さんはどこに行っているの?」
「男を漁りに行ってるよ」 
留守番の少年はそう答えたという。彼はそのときまだ6歳だった。
彼は父親を見たことがなかった。彼の家庭は被差別部落に住む貧しい一家だった。





3573146816_899154bf43_o.jpg




Now that she passed more than 15 years, my mother met an ex-boy again through the corner of the newspaper.
Daisuke and Nana of two cats which he named it bask in the sun on my knee today.

Don't please think that I feel pity for a student of my mother now while writing such a sentence.
What I do not steal is not because I am good, and I am not a fatalist.


15年以上経った今、わたしの母は新聞の片隅を通じてかつての少年と再会した。
彼が名づけてくれた二匹の猫のDaisukeとNanaは、今日ももわたしの膝の上で日向ぼっこする。

今、このような文章を書きながら、私が母親の教え子を憐れんでいるなどとどうか思わないで欲しい。
私が盗まないのは善良だからではない、そして私は運命論者でもない。



"Mom has gone to hunt for a guy"
I feel the fields of his life from the words, and I maked sure the rough touch with a palm.
It's all of the world that he has seen.
It means neither the happiness nor the misfortune.
But life dwells in human words to live hard.
The light of the life to glisten brightly is very dear for me.



「男を漁りに行ってるよ」
私はその言葉から彼の人生のマチエールを感じて、手のひらでざらざらと感触を確かめる。
彼が見てきた世界の全てだ。
幸せも不幸も意味しない。
ただ、懸命に生きる人間の言葉には命が宿る。
その燦々と輝く命の光が、私にはなんとも愛しい。



And the life of two cats which he named it lives on my knee now.


そして今、彼が名づけた二匹の猫の命が私の膝の上で生きている。




lorakind2.jpg








music : The Raincoats - Lola



For incomplete blank

Posted by Hemakovich category of Poetry on   0 comments   0 trackback




aget2.jpg





I wait.
I wait on.
I wait impatiently.


待っている。
待ち続けている。
待ちわびている。



I don't understand at all when speaking too much.
I lose the hope that I understand as well.


あまり話しすぎるとなにも分からなくなる。
分かるという希望なんかも分からなくなる。



I wait.
I wait on.
I wait impatiently.
Will you wait me?


待っている。
待ち続けている。
待ちわびている。
待っていてくれるだろうか。


When this suffering goes away sometime,
Time is a change,
In a park of such one day,
Even if there is fate to come and go,
Will we still stay here?


いつかこの受難が去っていく頃、
時が移ろいで、
そんなある日の公園で、
行き交う運命があったとしても、
僕たちはまだここに残っているだろうか。



You wait.
You wait on.
You wait impatiently.
Will you wait him?


待っている。
待ち続けている。
待ちわびているのか。
彼を待っているんだろうか。






aget1.jpg






music : Mayu - Ma Belle



Resistance of a couple going for death

Posted by Hemakovich category of Poetry on   0 comments   0 trackback


 

 

959d87124cff982082e39bdeb58a79a4.jpg



"It's time to go."

「行きましょう」

"What?"

「え?」

"Persecution approaches. Because I and you are the bluff gangs who damaged Nazareth and Morgan Stanley."

「迫害が迫ってる。あたしとあなたはナザレとモルガン・スタンレーを荒らしたこけおどしギャング」

"Find the new hiding place and network."

「新しいアジト、ネットワークをみつけなきゃ・・・・」

"Hey, the spy informs by telephone while reading the newspaper. "

「ほら、新聞読みながら、スパイが密告の電話、かけてるわ」

"The world threatens us in a too short phrase."

「世界があまりにも短いフレーズで脅しをかける」

"Our foolish smile is exhibited."

「あたしたちの間抜けな笑顔が陳列される」

"Spoiled imagination, everybody went underground."

「空想が殺されて、皆は地下へ潜った」

"The couple who went for death vomited in midnight coin laundry."

「死に行くカップルが真夜中のコインランドリーで吐いていた」

"The assassin covered with bandages steals up while dancing UK Garage."

「暗殺者が包帯だらけで2ステップ踊ってやってくる」

"The muzzle and the roof and a glass and a bug fall."

「銃口と屋上とグラスとバグが落ちてくる」

"You and I fall."

「おまえと僕が落ちてくる」

"Fall on the holiday when we don't know."

「知らない祝日に落ちてくる」

"Nowhere……"

「どこにも・・・・・・」

"Anyone……"

「だれにも・・・・・・」

"Therefore……"

「・・・・・・だから」

"Let's run through. To the ground."

「走り抜けましょう、地上へ」

"Escape from spell of the ground."

「地上の呪縛から逃れるんだ」

"To the place without fellows' footsteps."

「足音の聞こえないところへ」

"Escape from every evil deed."

「あらゆる悪業を逃れて」

 


tumblr_ksqlwmPJ2z1qa2kp4o1_500.jpg

 



"I doesn't know where we go."

「どこへむかっているのかわからない」

"Go higher."

「もっと高いところへ行こう」

"Higher?"

「高いところ?」

"To the kingdom"

「王国へ」

"To point of view of God"

「神の視座へ」

"We repeat sexual excitement of the afternoon of Sunday……"

「僕らは日曜の午後の発情を繰り返して」

"……And become innocent."

「無垢になる」

"Here's a place where gravity doesn't arrive."

「重力の届かない場所だ」

"The terror of death comes."

「死の恐怖がやってきたら」

"Beloved sweet conversation"

「愛しい甘い会話を」

"Even if we'll be crazy……"

「気が触れても」

"It doesn't understand of why. "

「なぜだかわからないけれど」

"Without warning"

「前触れもなく」

"Weary orbit of stratosphere"

「成層圏のかったるい軌道へ」

"Mattress of apartment in which it can go into weary orbit of stratosphere"

「成層圏のかったるい軌道に乗れるアパートメントのマットレスね」

"It's a point that is the nearest the star."

「星に一番近いところだ」

"A point that is the nearest the star?"

「星に一番近いところ?」

"Certain weekend"

「確かな週末の」

"Live in light"

「光の中で、生きる」

"Abrogating a vow"

「誓いを捨て」

"To endless signal before dawn……"

「終わりのない未明の合図へ・・・・・・」





"The end is always near."

「終わりはいつだって近いんだ」




ahgy142.jpg







music : Buggles - Living in the Plastic Age




Systematic Death

Posted by Hemakovich category of Poetry on   0 comments   0 trackback






music : Art Of Noise - Moments In Love





bght11.jpg




People are walking there.
You and I are also walking there.



人々はそこを歩いている。
あなたも私もまたそこを歩いている。





adsrg1.jpg




They say various words, but don't talk.
They reproduce the gesture that somebody talks about faithfully.
The gesture makes them inertial and preserve discipline.
And the subject disappears from people forever.



彼らは言葉を口にするが、話しているのではない。
彼らは誰かの話している仕草を忠実に再現している。
その仕草は彼らを惰性的に調練する。
そして人々から永久に主語が消える。





adsrg12.jpg






People are laughing there.
You are trying to laugh there just a little.
My cheeks laughing at are warped.



人々はそこで笑っている。
あなたもほんの少しだけ笑ってみる。
笑っている私の頬は痙攣している。





adsrg15.jpg





They feel relieved for words accustomed to.
They feel like having heard the words that are not accustomed to somewhere.
Because They feel like having heard it somewhere, it is taken no notice.
And an object disappears from people forever.


彼らは使い慣らされた言葉に安心する。
使い慣らされていない言葉は彼らの耳にはどこかで聞いた気がする。
それは聞いた覚えがするからこそ聞き流される。
そして人々から永久に目的語が消える。





adsrg16.jpg





People are shouting.
People are shouting toward me and you.
People are surging there while shouting.



人々は叫んでいる。
私やあなたに向かって人々が叫んでいる。
人々は叫びながらそこへ押し寄せてくる。





cvhf21.jpg




The short intelligible phrase of the loud voice is called repeatedly.
Poetry and the aphorism deteriorate to a commercial.
Words without the subject instigate people and take people forcibly.
Words called people decide your and my life and death before long.



短いフレーズが分かりやすく大声で連呼される。
詩やアフォリズムはキャッチコピーに劣化する。
主語がない言葉が人々を煽り、そして人々を連行する。
やがて人々という言葉があなたや私の生死を決める。





cvhf26.jpg




People disappear silently there.
You try to say the word desperately while disappearing.
My words to you are left after we disappeared.

However, there's not you who listen to the words that I left.
There are no people who catch the word that I left anywhere any longer.
The words that I left echo in nothing forever.
The words become the mere sign and die.
One day people ordered to a sign line up orderly as always.
A sign flows orderly, and the world continues as if nothing happened.



人々は無言のままそこで消える。
あなたは消えていきながら死に物狂いで言葉を口にしようとする。
僕が消えた後に、僕からあなたへの言葉が残る。

しかし僕が残した言葉を聴く君はいない。
もはや僕が残した言葉を受けとめる人々はどこにもいない。
僕が残した言葉は永久に無の中を反響する。
言葉はただの記号となり、息を引き取る。
ある日、記号に指示される人々がいつものように整然と並ぶ。
記号が整然とフローして、世界が何事もなかったかのように継続する。








People are walking there.


人々はそこを歩いている。






bght22.jpg







music : Art Of Noise - Moments In Love


Dance around the world end

Posted by Hemakovich category of Poetry on   0 comments   0 trackback




dance10jan101.jpg






The boy meets a girl in the middle of Rabe in the warehouse of London.

A couple exchange rings after licking each other's blood in an autobahn of Berlin.

They rob a bank, and break through a checkpoint while firing an automatic in Moscow.

Because he slept with a whore, she gave him a good beating at the waterfront of Shanghai.





男の子はロンドンのクラブディスコでレイヴの最中に女の子に出会って、

二人はベルリンのアウトバーンでお互いの血を舐めあってから指輪を交わす。

大金を手にしたカップルはモスクワの検問所を自動小銃を乱射しながら突破したのち、

上海の波止場で売女を買った彼を彼女は袋叩きにする。







dance10jan102.jpg






Still, she mutters unless only he loves it in the junkyard of Detroit.

At last, he shouts that she is the best woman in space standing on Sydney Harbour Bridge.

The man and woman try hard to have a baby sheltring the sky of the Sahara Desert.

Lovers drive around in Mercedes whom they stole till the world is over in dusk of Rome.





それでもデトロイトの廃車置場で彼女は彼しか愛せないのだと呟いて、

ついに彼ははシドニーのハーバーブリッジに立って彼女を宇宙一の女だと叫ぶ。

二人の男女は覆い尽くすサハラの空の下、夢中で子作りに明け暮れて、

彼ら恋人たちは黄昏時のローマで世界が終わるまで盗んだメルセデスを転がしている。








dance10jan103.jpg






Dance around the world end.

Boys and girls are bound by fate and gravitation, and it seem to be totally an apple to leave with their having left it.

Ground is slanted suddenly.

All slides down.

She slides down.

He hugs her who slides down.

He and she slide down.

They are gone anywhere.

When I make still sure of their last moments,
and the last photograph is left in the story of this world end.





世界の果てを巡るダンス。

運命と重力につながれた彼と彼女は、二人が食べ残したまま置いていくリンゴみたい。

突然、地上が傾斜する。

全てがすべり落ちてゆく。  

彼女がすべり落ちてゆく。  

すべり落ちる彼女を彼は抱きしめて、

彼と彼女はすべり落ちてゆく。

彼らはどこにもいなくなる。

私は彼らの最後の瞬間をじっと見届けて、

この世界の果ての物語に最後の写真が残る。





dance10jan104.jpg







music : Julee Cluise - Summer Kisses, Winter Tear



30 minutes of the nightmare

Posted by Hemakovich category of Poetry on   0 comments   0 trackback




wedsa.jpg





The soldier who learned how to shoot guns goes to the battlefield in June.
A child driving the car clogged up of the bomb charges and murders the soldier in September .

You cannot readily die, but people are busy to die again and again in a LCD screen within circumference a radius of 1m from you.




6月に銃の撃ち方を覚えたばかりの兵士が
爆弾の詰まった車を運転する子供の突撃で死ぬ9月。

君はなかなか死ねないが、
君から周囲半径1m以内にある液晶画面では人々は何度も死ぬのに忙しい。




If you're not born here...

If you're not alive now here...




ここで生まれてさえいなければ……

ここで生きてさえいなければ……

















CNN will broadcast 30 minutes of the hatred tonight as usual.

When the summer comes, somebody who was blessed by God aims at the big building which is some famousness as a target.

When the autumn comes, somebody who is the victim throws himself/herself out of despair from the tiny building of some not being famous.



いつもどおり今夜もCNNは憎悪の30分間を流すだろう。

夏の来るころには神に祝福された誰かがどこかの有名な大きいビルを狙う。
秋にはその誰かによる犠牲者で絶望した他の誰かがどこかのちっぽけな名もなきビルから身投げする。




I cannot readily die.   
I turn my back on all once again.

If I wasn't born here...

If I wasn't alive now here...




なかなか死ねない。 僕はもう一度すべてに背を向ける。

いま、ここで生まれてさえいなければ……

いま、ここで生きてさえいなければ……







weda22.jpg








music : The Pop Group - Justice


Together in hopeless dreams

Posted by Hemakovich category of Poetry on   0 comments   0 trackback




sometimes1.jpg






Sometimes, I imagine the world where all responses died out and fear it.

Sometimes, I throw away all attributes about oneself and dream of complete Anonymous.



時おり、全てのレスポンスが死に絶えた世界を想像して恐怖する。

時おり、自分に関する全ての属性を捨て去って、完全なアノニマスを夢見る。




Sometimes, she grieves in hope of death.

Sometimes, she feels a deep sense of isolation.

However, she says to me in this way.
"There is no help for it. Because it is to pray when I want to grow that say I am lonely. "



時おり、彼女は死にたいと嘆く。

時おり、彼女は寂しいと思う。


しかし、彼女は言う。

「でも寂しいってのは、私にとって生きてますって事なんだからしょうがねーだろ」





Cold_Sweat_by_Kepakko.jpg





Sometimes, the truth is paradoxical.

Sometimes, people are saved by antinomy.



時おり、真実は逆説的だ。

時おり、人々は二律背反に救われて生き延びる。






There is no friend, I have no money at that.

I live deadly by half.

There is the despair to live.

But the world that was used to despair is my enemy.



金もない、友人もいない。

半分だけ死んだように生きる。

絶望は生きるためにある。

だが、絶望に慣れた世界は敵だ。




Therefore, sometimes, it seems to be the help to be dead by half.


時おり、半分だけ死んでいることが救いのように思う。








sometimes2.jpg







music : Lali Puna - Together In Electric Dreams


PAGE TOP

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。