Hemakovichの半永久的平坦な戦場

パニック不全神経症者が落ちてゆくカムフラージュ

スポンサーサイト

Posted by Hemakovich category of スポンサー広告 on

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

それはいつもどおりの月曜日

Posted by Hemakovich category of Poetry on   0 comments   0 trackback


















それは いつもどおりの 日差しを浴びる月曜日

そうだ

桃色の恋に 包まれた

大好きな あの子に

お別れの言葉 言いに行こう。




僕を 真向かいに見つめて からかう

君の 視線。

その目の中に

体育座りして 頑なにこちらに背を向けた

背中がゆれてる もう一人の君が

僕には見えるんだよ。


僕も 君と同じように

冷たい水の底で 体育座りして

背中をくっつけあって

ながく ながあく

気の遠くなるまで 何度もおしゃべりを重ねた。

ふたりは 「とうめいにんげん」で

誰にも見つからないまま

真夜中に いたずらを繰り返していたよね。

それは邪気のなく あどけない

僕らの しぐさだった。 

それは いつもどんなときでも

ふたりにしかわからないココロの バクダン遊びだった。



気の触れたように 僕と君

泣き出しそうなコドモの男の子と女の子みたいに

すべてをすっ飛ばして 真夜中を笑い尽くした。


世界がジゴクにおちていったあの時も

宇宙が腹をよじらせてひっくりかえったあの時も。





それは いつもどおりの 切ないたそがれ時の月曜日

そうだ

僕の持たない 列車の切符を買った

大好きでしかたない あの子に

もう二度と出会わない おまじないをかけた

お別れの言葉 言いに行こう。




新しいレールに乗った 君は

地雷に囲まれた 安全地帯をふりぬけて

別の未来の 安らぎの場所に向かっていく。

ひとつ  ふたつ

みっつ  よっつ

駅を通り抜けて  僕との安全地帯から 

旅立って ゆく。


君はもう 体育座りの水の底を終えてゆくよ。

ココロのバクダン遊びの砂場に

僕だけを残して 新しいレールを加速していくよ。

僕は もう二度と

君とは 笑い合えないけれど

君へは もう二度と

僕には だっこもおんぶもできないけれど。




真夜中の温もりの毛布に包まれていた 僕と君

いまだって ずぶぬれの 思い出の中では

大切なカタワレの双子だった記しが刻まれるんだよ。


永遠に離れ離れに話せなくなる今この時に。

永久にふたりがひとりになって抱き合えなくなる今この時に。






それは いつもどおりが やがて完全に失われる月曜日

そうだ

僕がいなくなっちゃう 時間を拾った

どこまでも迷子になっていく 大好きなあの子に

一生 隔てられる 僕からの祈りを こめて

ふたりが途切れる真夜中の古本屋の駐車場

助手席のシートに あの子を僕のひざにうずめて

お別れのだっこ  しにゆこう。









 
  

スポンサーサイト

PAGE TOP

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。