Hemakovichの半永久的平坦な戦場

パニック不全神経症者が落ちてゆくカムフラージュ

スポンサーサイト

Posted by Hemakovich category of スポンサー広告 on

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ジャンクフード  あ  た  し

Posted by Hemakovich category of Poetry on


20161116.jpg











カット して 、

           手
           首
           か
             ら

                                   牛乳

              
               

                ペ
                   テン師    に


              亀頭                    な
                                      んて

                                      な

                                い   。












スポンサーサイト

飢えと 舌から 下痢ジュース

Posted by Hemakovich category of Poetry on


Dont_Make_Me_Wake2.jpg








             
色気のない  緩んだサック  エックス線


てめえは  腐ったダッチワイフみたく ナチス将校


ブタの灰汁の浮いた自己愛は 便器にあつかましく  カリ首がやかましい。















                           脳ミソ タンポン詰まり気味で、    


                                アタシって、バカかも。













無造作・ダブルAの哀しみ

Posted by Hemakovich category of Poetry on


20150130-4hema.jpg




             時      には   
  
    


                酔っ   払った   

                          男  の  


                              衝動   的    な


                             接 吻                   が

                                      真実
                               

                                      の

           求愛         で あった り             する      

                               よう         に ―


                    

                                 ニコチン      で

     死に           ゆく           頭      に  受胎       した


         

                        こ    の 言葉     の       

                                                  洪水

              や 現像       でき           ない       

                                        心   象   風   景


                        愛   し

                            て


                          貰い  た        がっている


                  子供           の 声          が

             

             
                  

                        未来       の 幾       つか


                かも

                     知              れない

                             でも

      
                         多       く は

          日 々 

              を 

                強     奪  し    続         け            

                                           る

  
        モダン な  


                  ド ラ イ ヴ 


                       の  ルート        に 


                    記憶を亡            く   し

                         誰か の    魂      のプラン

                                   の

                                           まま

                  漂泊


                      し    て    眠り    


                         続け             る     。   


   




Japanese is waiting

Posted by Hemakovich category of Poetry on


20140718-2Bhema.jpg








逆説的に自己正当化の表現を創造する確信犯の最もたる
日本語の存在は
退廃した民主主義にある











Japanese Is Waiting
Japanese is waiting for a message Of some sort or another

Takin' it again, again, again, takin' it again
Well now, no, no, now, we ought to be mad At the government not mad at the people
Takin' it again, again, again, takin' it again I mean, yeah, well, wha, what're ya gonna do?

Japanese is waiting for a message Of some sort or another
No will whatsoever, no will whatsoever, absolutely no honor
No will whatsoever, no will whatsoever, absolutely no integrity
No will whatsoever, no will whatsoever

I haven't seen any, any, any citizen over there

Stand up and say,
"Hey, just a second"

No will whatsoever, no will whatsoever
I mean, yeah, so wha, what're ya gonna do?

Japanese is waiting for a message Of some sort or another................










自業自得の健忘症のあなたは望むものを悲劇的に願い、
繰り返される結末に
嘔吐する















ヒステリック・ホモサピエンス

Posted by Hemakovich category of Poetry on


20140528new1-2hema.jpg





この星の耐用年数を考えていたら


ワンルームの自転が 冷たい冬に切り替わった。










「こんばんは。十六次元27時の臨時ニュースです」


何千人目かの新しいアナウンサー  口腔が振動して


突如ピストルを咥えて  自決する。









昨夜の妄想が  あまりに美しすぎたので


死んだ超新星の粒子が 


二万六千三百四十五回目の自慰の後に  降りてくる。









「あの忘れがたい身体の中へ    


確かにたった一度だけ入ったんだ」  


思い返しながら


およそ4億人の僕の精子  生死をともにして 


独り   音 を吐いてみる黄昏の後    謀略放送


第六十四回記念世界大戦ダービーを 観戦する









30数万年前  塵になった僕は 


「誰か」というマテリアル  に    包囲された  この宇宙 


「君」という概念も潰えて  無限時間の広さに 


永久に怯え続けていく。








びねつおおかみしょうじょ

Posted by Hemakovich category of Poetry on


20141016-32hema.jpg




びねつ が つづく


おおかみしょうじょ


でんりゅう びりり と


すいそ に よりそう ゆめをみた





2すてっぷ きざんで


あのよ おどった たいこ と いたこ


きゃんべるすーぷ あきかんのそこ


けちゃっぷあえの たましい ひろった





おしゃべりずきな かがみのへや


かぜのなかで めありーは なく


あんぱんずきの はろうぃんの どうけは


ふっかつのひに ぶりっじ まける





ねえ、あいんしゅたいん、


あたしのはいらん、なにをねがうの?


ねえ、ぐすたふ・くりむと、


あたしのごうまん、ふりーずさせてよ!


ねえ、れい・かわくぼ、


あたしのよろいは、いつだって、じばくきりしたん。。。






びねつ が うずく


おおかみしょうじょ


こども たくさん うんで


ままごとは めとろぽりすの あきちで


せいろんてぃー と ぶりきの たいほう


こんけつのしょうねん だんしゃくいもふじん と じょうはつする


じゅんあい は たったひとつ


たいようのくに


すわりこんで ないていた


せいせんしょくひんうりば


かたすみで ふるえてた


れいぞうこの たまごおきば


ありふれたさいみんじゅつしの なんみんきゃんぷ


ぶたれたって きずつかない


あまったれた しゅうまつのこいびと


かれは きらーで


かのじょは あらー


どうしたって


まごころ を


あのときの



はつじょうき を


あなたが


たまって


あたしが


はらんで


だから


しっかり


さくらんするわ


もえつづけ


あふれつづけ


やみあがった


これが


うわさの


さるさの


いわゆる


ゆるゆる


ぺてんで☆


らてんよ♪





(-_-メ) びねつおおかみしょうじょ (-_-メ)






Stay, Stay, Stay

Posted by Hemakovich category of Poetry on


201501100_bighema.jpg





Catastrophe




      人々は望むものを悲劇的に願い、


    人々は人々の顔を知らない、


        言葉は同じ言葉に収束されて、   


                カミソリへと仕向ける仕草を鏡に向かって繰り返す。


あなたは彼や彼女を使い捨てて、


        彼や彼女に似た誰かへと向かう。


             繰り返す物語に嘔吐しながら、


      そしてあなたはあなたの求めるすべてに憎悪するから。
   






Catastrophe




               彼は彼女に夢みられた世界をロッヂで待ち続ける。


      少年は古い指紋を懐かしみ少女は新しい誘惑にドレスが湿る


           混乱した鋪道の上で衝突する幾つかの人生は命がけで


                  僕はあまりにも多くの顔のことをいらないと思う。


あなたは時々立ち止まってふりかえり


        彼や彼女に似た誰かの運を数え上げるだろう。


             繰り返されるしかない物語に誰かは犬死にして、


        そしてあなたはあなたの求めるすべてから生き残るから。
 









あなたの求めるものへ、



あなたは求めたものに、



あなたの求めるものから、



あなたを求めたものが。








ヴァーチャリティ、英語、不安の順調な予兆

Posted by Hemakovich category of Poetry on


Dont+Make+Me+Wake3-hema.jpg




For you, I may be the person fall into the life of a computer and forget the real world.

For you, I may be a mere virtual existence.

For you, I may be only a face in LCD screen.

But I'm a human being with the earnest loneliness.

You are going to take only a necessary part for you out of me. But o you know the story of my family and pet? And I know nothing about your work and family. You are unconcerned only your wanting to know it about me.

For you, are such relations "friends?"

I'm always painful for loneliness and jealousy concerning you.

It would be better that I live without you if this pain continues all the time. I hate the relations with the pain.

There are a lot of my stories to want you to turn interest to me.

I am not "the art android in inter net" that it is convenient for you.


You may be interested in them before losing them if you have a friend and a lover with loneliness.

But you have almost none of the interest in me with loneliness. Is it because I am only just a mere virtual world resident for you?


I really love you. It's true.

But I have loneliness and uneasiness and jealousy about relation with you. (My jealousy was reduced by you.)
The cause of loneliness and the uneasiness is your ignorance for me and my ignorance for you.

When you talked to me about "computer and people", I felt that I was discriminated as virtual existence by you.
My and your relations are not same as your other human relations. Even so, I do not want to be discriminated from me by your other relations.

I'm also real person.
I live in real like this.

We share art deeply.

But I hardly know the thing except the art about you. I feel uneasiness and loneliness unless we share each other's various stories.

I want to know you a lot even if I am person that it is virtual for you. Because for me, you are not virtual, and I feel you as irreplaceable existence for me.

I love getting pleasure by touching own self while seeing each images with you. I will reach the emptiness if it is only this pleasure.

We should talk more about various things, family, friend, work, experience, mind....etc


I'm sorry for long sentence. Forgive me.

I wanted to say my think honestly.







このようにして日本語の囁きに乞い飢えていく。

ただし、

どれもこれも此処も彼岸もそれもそれらも彼も彼女もあの人々も世界も地球も、

まったく僕の本意ではない。






順調な通過

Posted by Hemakovich category of Poetry on


20150405.jpg






As someone who loves art like me, we tend to feel more than most people.

We have deeper passions, deeper loves and often have deeper connections with our world.

We see things that no one else sees.






20150405-2.jpg






それは  幸せなことなのだろうか

それとも  これ以上なく   不幸なのか

わからないまま  またしても

始めから なかったことにしてしまうのか。









自立日記

Posted by Hemakovich category of Poetry on


20140718-4hema.jpg




きょうはとてもかなしかったので、どうせひまこを一人、イワンのばかに売り飛ばしてしまいました。それでどうせひまこも、もうあんまりのこってないんです。きのうは電きだいをはらわなくちゃいけないので、やっぱりひまこを、えちごやさんに奉こうにだしました。そのまえは兵たいさんにむりやり国さいをかわされたので、ひとばんひまこを30ウォンでだース・ベーだーさまのちんかすやろうのおあいてをさせました。ちんかす、にがかった。





ゾンびのおせわをするおしごとは、きついです。いちにちに3かい、ゾンびさんのこやに青さんソーダとひきにくを3体もっていくのは、じゅうろうどう。このあいだひきにくちょうり場からきこえたひめいにびっくりして、青さんソーダ、こぼして、うでのセラみっくがすこしはげてしまいました。それで、えさやり、ぐずぐずして、ご主人の、ワンヤンアグダさまに、えらく、おこられてしまいました。でも、そのあと、ゾンびの、ぶらうんおじさんに、「ひまこちゃんはおいしそうだね」とこえを、かけてもらって、すこしげんきになれました。


でもうでのぶひんは、こんど、うっかりしょうてん島からゆそうせんだんがこないと、こうかんできないみたいです。





めいおうせいの、せいかつ、とてもつらい。いちにちに25かいぐらいは、くうしゅうけいほうがなって、ほわいとべーすがばくげきにきます。

このまえはラーげリだい25ばん○大はいき肉ショリじょうに、れっかスぺしウムこうせんがおちて、畜生ニンゲンがおおぜいやけたそうです。

えヴぁんげりヲンは、じこのムゲンぼうちょうだとかいって、たたかってくれないそうです。
こうかくキドウタイは、みんな、いんたーねっと・定食屋ちゅうどくで、ザシキろうにいれられてます。





ひまこは、はやく、せえんそう、がおわればいいのに、とおもっています。せえんそう、きらい。ころしあい、きらい。





ゆうべはこうしゃほうでうちおとされたほわいとべーすのじょういんのくそがきをびーむさーべるでめったぎりにしてやりました。





れっかスぺしウムこうせんが、おちたあとの、にじをみながら、


「おーばー・ざ・れいん・ぼー」、きいています。


やけあとに低じゅうりょくでういてるざんがい、をながめながら


「おーばー・ざ・れいん・ぼー」、うたっています。



おかあさんのこと、おもって、いっしょうけんめい、うたっています。





おかあさん、はやく、むかえにきてね。





おてがみといっしょに、畜生ニンゲンのほしたひきにく、てんぷふぁいるでおくります。

ながもちするので、おかねのたかい、くうるたっきゅう便でなくてもおくれます。





きょうはこれから、ヨシワラどっと混む市ばで、げノムおまんこ売りの、じ給れっせいいでんしレバー300ぐらむ、
の、ばいとです。



がんばってはたらくね。





安ラク死ハイキせんたーのある、ねヴぁーらんどの冬はとてもきびしいと、ふー・まんちゅうせんせいがじゅぎょうで
おっしゃってました。





おかあさん、そちらのさむさにまけず、おからだだいじにしてください。





だいすきなおかあさんへ





ひまこ






PAGE TOP

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。