Hemakovichの半永久的平坦な戦場

パニック不全神経症者が落ちてゆくカムフラージュ

スポンサーサイト

Posted by Hemakovich category of スポンサー広告 on

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新世界

Posted by Hemakovich category of Picture on   2 comments   0 trackback







スポンサーサイト

Butterfly

Posted by Hemakovich category of Picture on   4 comments   0 trackback









Fine, it's so fine

It's so fine

Fine, it's so fine

It's so fine




You can be a littie butterfly.

Take me to the motherland ?

Over the ocean over the cloud....

You know, you feel so fine.




You can be a littie butterfly.

Take me to the any lane !

Close to the sun, across the moon....

You know, you feel so fine.





Fine, it's so fine



It's so fine.......






狂った生き物

Posted by Hemakovich category of Picture on   0 comments   0 trackback

vich20040712




泣いている赤ん坊は百人はいただろう。いつまでも、いつまでも泣いていた。生きるということ。そして死ぬということ。誰ひとりそこから逃れることはできない。私たちはこの世界にたった一人でやってきて、たった一人で去っていくのである。そのほとんどが寂しく、怯えて、人生の大半を無駄に送るのだ。……いまこうして生きていても、死はかならずやってくる。生まれたばかりのこの子供らだが、やがて憎しみをおぼえ、痴呆になったり、ノイローゼになったり、馬鹿になったり、弱虫になったり、人殺しになったりする。生きたって死んだって、どのみち無ではないか。……そんなことを思ったら、私はたとえようもない悲しみに襲われた。




C・Bukowski “Animal Crackers in My Soup”




DECORATION DAY

Posted by Hemakovich category of Picture on   0 comments   0 trackback

bootkicks.jpg






無教育な娼婦達が、言語に絶するひどい暮らしの中で生きぬいていくのを、わたしはこの目で見てきた。麻薬で脳が燃えつきた人たち、自分の身になにが起こったかに気づくだけの思考力は残された人たちの顔を、この目で見てきた。切りぬけられないものを切りぬけようとする不器用な努力を、この目で見てきた。




 ― Philip K. Dick ―



雨だれ/ブラックバード

Posted by Hemakovich category of Picture on   0 comments   0 trackback


img20041021011403s.jpg






旅をしよう


まだ終わらないものを   終わらせないために



もっと健康的に死ぬために



    

       ― 吉原幸子 『だるい朝』



憐れみとゲヴァルト 日曜の外科手術

Posted by Hemakovich category of Picture on   0 comments   0 trackback


syawar2s.jpg





The metaphor of unavoidable murder enables small number of indirect homicides.

It is not a problem in him like the correspondence etc. of ethical logic.

The excuse because of no expulsion in public appearances is fabricated, and he
sends applauding like the storm to an indirect homicide.




my bloody valentine の轟音と真昼

Posted by Hemakovich category of Picture on   0 comments   0 trackback





nauthy-twoRr1s.jpg





It moves quietly in the turn.

It is necessary to have pretended me.

Therefore, I crash there just now.

My voice runs after me.







PAGE TOP

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。