Hemakovichの半永久的平坦な戦場

パニック不全神経症者が落ちてゆくカムフラージュ

スポンサーサイト

Posted by Hemakovich category of スポンサー広告 on

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

無造作・ダブルAの哀しみ

Posted by Hemakovich category of Poetry on


20150130-4hema.jpg




             時      には   
  
    


                酔っ   払った   

                          男  の  


                              衝動   的    な


                             接 吻                   が

                                      真実
                               

                                      の

           求愛         で あった り             する      

                               よう         に ―


                    

                                 ニコチン      で

     死に           ゆく           頭      に  受胎       した


         

                        こ    の 言葉     の       

                                                  洪水

              や 現像       でき           ない       

                                        心   象   風   景


                        愛   し

                            て


                          貰い  た        がっている


                  子供           の 声          が

             

             
                  

                        未来       の 幾       つか


                かも

                     知              れない

                             でも

      
                         多       く は

          日 々 

              を 

                強     奪  し    続         け            

                                           る

  
        モダン な  


                  ド ラ イ ヴ 


                       の  ルート        に 


                    記憶を亡            く   し

                         誰か の    魂      のプラン

                                   の

                                           まま

                  漂泊


                      し    て    眠り    


                         続け             る     。   


   




スポンサーサイト

死んだ後の世界でも一緒に生きていくと決めたこと

Posted by Hemakovich category of Diary on


20150105-333hema.jpg



 ブログの更新を怠っている間にいろんなことがあった。

 9月の末にタイに6日間旅行した。バンコクと、ホア・ヒンという静かな海辺の街を訪ねた。


 タイに行きたかったからタイに行ったのではなかった。以前からネットで海外に友人を見つけたらその国へ行くというようなことを決めていたが、数人見つけた友人がタイ人であったから行ったのだった。数人のうちの2人と会ってきた。

 2人とも三十代の女性だったが、そのうちの一人、バンコク在住の日系書店で働いてる人と恋愛関係に落ちた。彼女とホア・ヒンに行き、2日間過ごしたのだが、それが思いがけず忘れられない出来事となった。

 タイを去る日だったか、帰国してからだったか、僕はそのヴィクという女性を一生の伴侶にすることを考え始め、彼女もまた同じことを僕に求めてくれるようになっていた。


 当初はヴィクが来日して、一緒に我が家にある7つばかりの田畑を糧に農業でもして暮らそうという予定になっていた。だが構想が露見するや否や、僕の側の両親兄弟から激しく反対された。

 「結婚するなら家から出て行け」と言われて、相当不条理な思いを味わった。僕だけの家ではないけれども、僕の家でもある。両親に反対されるのは仕方ないと思ったが、離婚して出戻ってきて同居している姉に家から出るように言われたのは釈然としなかった。

 いろんな理由をこじつけられたけれど、要するにヴィクが東南アジアの女性だからという属性のみで、彼女の人格も内質もあったものではなく、無暗に排除されているとしか思えなかった。

 当然のことながらそのことを暗に理解してしまった彼女は傷ついて、僕は彼女を傷つけたことに傷つき、家族から剥き出しに不条理な本意に、近年味わったことのない絶望感に打ちひしがれた。


 数年ぶりに衝動的なオーヴァードーズをやってしまった。むろん、死ぬほどの薬は一度に飲めるはずもなかったのだが、その後、数日死ぬことばかり考えていた。

 ある晩、自分のなかに自分ではないなにかの思考が降りてきて、自分が瞬間に貫かれ、その結果、直感的にすべてを自分ではないところのどこかへ委ねようと悟る、というようなことを経験した。

 それが起こった直後に、僕はプロテスタントの熱心な信者であるヴィクと同じところを生きようと、すべてが型に収束するようにおもえるようになった。
 
 翌日から聖書を読み始めて、その日のうちに以前から知り合いだったルーテル派の知人の伝手をすがって、唐突な勢いに押されるようにして教会へ出向いた。

 牧師には部分的にしか告白しなかったが、ともかく入信の機会を与えてもらって、次の日曜の主日礼拝に参加することになった。以来、週末の朝は欠かさず礼拝に出向いている。


 僕は最初の一歩でヴィクに大きな夢を与えすぎてしまったことを大いに悔やんだ。彼女はタイで暮らし続けることを僕に告げ、僕の判断を試した。なんのためらいもなく、ヴィクの求めに応じてタイで彼女と生きることを僕は即断した。

 来年の秋をめどに、とにかく貯められるだけの金を一年間貯めた後に渡航することを決意した。

 まずは語学学校でタイ語を学ぶことから始まるだろうが、すぐにヴィクとの暮らしを始めること以外、あまり大きなことをはっきり決めてはいない。

 タイ南部の農村出身である彼女と田畑を持ち、できれば思い出の地であるホア・ヒンか、それ似た温暖で喧騒から離れた土地でゲストハウスを営めたら、というようなビジョンをヴィクとの間で共有している。だがそれもどうなるか分からない。

 はっきりしていることは、ヴィクと死ぬまで一緒に生きていくということ、それだけである。僕が洗礼を受けた後は、生きている間のみならず、死んだ後も約束された世界でやはり二人の関係は続いていくということにもなる。

 今よりも多くを稼ぐために10年ぶり以上くらい久しく職安を訪れて、仕事を探したりもしている。履歴書の書き方なんかすっかり忘れてしまっていたが、臆することなく願書を送り続けている。


 聖書はあまり読み進めていないのだが、それでもキリスト教がなんなのかは少しずつ理解して行きつつある。

 「神に関わることが信仰だ」と牧師が言うので、関わるということはどういうことかと聴くと、神様と触れ合うことだという。最近になってその触れ合うという感覚がなんとなく分かってきた。逆に言えば、目に見えないものと真剣に触れ合う人生を僕は送ってこなかったということだ。
 
 クリスチャンの友人の一人は「あなたが神様を選んだんじゃない。神様があなたを選んだのだ」という。ヴィクの祈りを通じて神様が僕を見つけ、僕を見出したのだという。

 「そうでもないとそう簡単に教会に来れるわけがない」。確かに僕を信仰へと押し出したのは自分以外の何かの力がなければ可能ではなかったようにも思う。






飢えと舌から下痢ジュース

Posted by Hemakovich category of Poetry on


20140718-2Bhema.jpg








逆説的に自己正当化の表現を創造する確信犯の最もたる
日本語の存在は
退廃した民主主義にある











































自業自得の健忘症のあなたは望むものを悲劇的に願い、
繰り返される結末に
嘔吐する















ヒステリック・ホモサピエンス

Posted by Hemakovich category of Poetry on


20140528new1-2hema.jpg





この星の耐用年数を考えていたら


ワンルームの自転が 冷たい冬に切り替わった。










「こんばんは。十六次元27時の臨時ニュースです」


何千人目かの新しいアナウンサー  口腔が振動して


突如ピストルを咥えて  自決する。









昨夜の妄想が  あまりに美しすぎたので


死んだ超新星の粒子が 


二万六千三百四十五回目の自慰の後に  降りてくる。









「あの忘れがたい身体の中へ    


確かにたった一度だけ入ったんだ」  


思い返しながら


およそ4億人の僕の精子  生死をともにして 


独り   音 を吐いてみる黄昏の後    謀略放送


第六十四回記念世界大戦ダービーを 観戦する









30数万年前  塵になった僕は 


「誰か」というマテリアル  に    包囲された  この宇宙 


「君」という概念も潰えて  無限時間の広さに 


永久に怯え続けていく。








LINEと気分変調症のジム・モリソン、空気のように反日を吐く

Posted by Hemakovich category of Diary on


20140516-5hema.jpg



 Lineにハマっている。

 スマホなんぞ死んでも持つかと決めているのだが、ネットで人と出会うと、必ずLineのIDを尋ねられる。

 ずいぶん前だが、どうしても友達になりたい人と肉声で喋りたくて、スカイプの有無を尋ねたらLineのIDを尋ね返された。仕方がないから、スマホなしでPCにLineを導入する術を調べたら、案外すんなり成功した。

 やってみると、なかなか面白い。スカイプよりも面倒ではなく、距離感の取り方が絶妙なアプリケーションだと分かった。

 ただ、一度だけLine友だちといざこざがあって、アンインストールしたことがあったが、わずか一日でもう一度インストールし直した。

 人と繋がりたいから繋がるためのアプリケーションを使う。これが普通は本当であって、そのためにスカイプやFacebookは機能しているのだろう。

 だがLineの場合、これが逆なのだと分かった。

 Lineをやっていると無性に人と繋がりたい欲求を刺激されるのだ。もともとそれほど対人関係に欲求がなくても、Lineを使っていると、なかった欲求が注入されて、体内に依存症のように巣食ってしまうのである。
 
 ドラッグに喩えるなら、Lineは覚せい剤のようなものである。試してみるだけで、本来不必要だったものが必要になって依存してしまう。
 スカイプやFacebookはそれを求める動機が先立って使用されるのであるから、精神病患者に向精神薬を処方するのと同じようなものなのだ。
 だが、Lineの場合、動機の有無に関係なく、最初から依存がやってきてしまう。

 今のところ、一対一のチャットしかやってなくて、グループ機能のような類には使ってはいない。なにしろLine友だちは皆、外国人だから。

 ブログも全然書いていないし、筆記が必要な作業が日常にほとんど存在しないので、日本語を全然書かずに英語ばっかり書いて一日が終わる場合が、しばしばある。
 いま、このブログを書いているけれど、日本語で思考して日本語で表現するのは実に一ヶ月ぶりぐらいのような感じがする。



 ドアーズにもハマっている。

 数年ぶりぐらい、久しぶりに聴いている。気分の状態に関係なく、いつも聴いている。朝目覚めて窓から明るい日差しを浴びながら、爽やかに『ジ・エンド』とか『ストレンジ・デイズ』を聴いていたりもする。

 いつだったか、『ブルー・サンデイ』だか『インディアン・サマーズ』だかを聴いていて、ジム・モリソンって実は僕と同じ気分変調症を患っていたのではないかと考えたことがあった。

 ドアーズの音楽はペシミズムとか無常観に彩られているのだけども、それが異様に美しいのである。厭世的な世界を常としてその上に自分の美意識をひけらかすなんて、気分変調症患者ぐらいしかやりそうにないことだ。

 だから勝手に、「ジムは僕と同じ気分変調症だったんだ!」という推論の延長でドアーズを聴いていると、すごく感情移入できたのである。
 高校ぐらいから聴いているけれど、なんか、「本当に分かった」という感じがしたのは、「ジムは気分変調症」という勝手な決めつけの後に生じたものなのである。

 逆に推論してみると、ドアーズを聴き始めた高校生のときぐらいから、僕は世界を厭世の産物としか見なくなっていた、ということも考えられる。

 そして、すなわち、僕の気分変調症は高校生ぐらいのときにはすでに発症していたという可能性を立てることもできる。

 前にも書いたと思うが、オリバー・ストーン監督の伝記映画を見て、僕はドアーズを知った。
 あの映画でのジム・モリソンの描かれ方はちょっとひどすぎるような気もするけれど、あれを見て彼らを知った人たちは僕の世代では多いんじゃないだろうか。

 映画館を出た後、自分の人生がなんだか一瞬で変わり果てたように思えたあのときの感覚を、今でもはっきり憶えている。

 数年後、大学に入ってだらしない暮らしをしていた頃、深夜の番組であの映画をもう一度見た。

 そんなに感慨深い気持ちは起こらなかったものの、見終わった後で同棲していた恋人と激しいセックスを数回やった。それがとてつもなく気持ちよかった。あの夜、汗まみれになって僕の腕の下にいた恋人の悶えた表情を、今でもはっきり覚えている。

 ドアーズ以上に官能的なポップスを僕は他に思いつかない。ジム・モリソンの声ほどにセクシーな男のボーカルを僕は今まで聴いたことがない。

 ペシミズムに満ちた世界で繰り返されるセックスほど、美しくて気持ちいいものはない。僕はセックスするときに音楽は聴かないけれど、なんで若い頃にドアーズを聴きながらセックスをいっぱい貪らなかったのか、そんなアホな後悔さえ覚える。



 反日にハマっている。

 台風通過で電話線が壊れ、家の周囲にどこから飛んできたか分からないトタンやら枝木が転がっていた。

 NHKの7時のニュースを見ると、台風被害よりも先に国立競技場の見直しとかなんたらを報じていた。「国の威信にかけても競技場建設を間に合わせなければならない」とNHKの解説委員が力説してるのを聞いて、脱力感を覚える。

 「国の威信」という言葉までもが堂々と発揚されるこの国に吐き気がする。

 いっそのこと、未曾有の災害で東京が地図から消えてくれたらスッとする。そんな悪意が自然に起こり、それが当たり前のことのように日々一層怨念が募っていく、下痢だらけの魑魅魍魎が気分を覆う時代。

 
 ドアーズの音楽だけが、そんなものから一番遠いところにあり、ルサンチマンの野糞のように成り果てた僕を少しだけ浄化して、安息の彼岸へと誘引してくれる。





PAGE TOP

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。